MENU

車買い替えは車検前?車検後?

 

車検中の自動車

 

結論から言うと、車検前に乗り換えをしたほうがオトクです。

 

例えば、車検残り3か月の車と車検満タンの車の2台を査定に出したとします。

 

車検は残り1年を過ぎると、マイナス評価になり、
残り3か月でもマイナス5万円程度です。

 

逆に車検を通して車検満タン!にしても
プラス3万円〜5万円ほど。

 

普通車の車検代は約10万円、軽自動車で約6万円と考えると、車検に出すだけ無駄になります。

 

もし心配なのであれば・・・・

 

「とはいえ、気になるな・・・」

 

といった場合は、実際に車査定をしてもらい、査定スタッフさんに質問してみましょう。

 

※おそらく似たような答えが返ってくると思われます。

 

もし、車検を通したほうが、査定額がアップするようなら、車検を通してから売りに出す
ということも可能です。

 

【今すぐ、無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

一括査定で合理的に!

 

愛車を高く売るのであれば、複数の買取店へ査定依頼をしましょう。

 

理由がシンプルで、競争原理を起こすことで、査定額がどんどんアップするからです。

 

「でも買取店ってどこにあるかわからないし、面倒だよね・・・」

 

そこで便利なサービスが一括査定サイトです!

 

  • 完全無料
  • 一度の入力で複数店へ査定依頼可能
  • 無料の出張査定も可能

 

と非常に合理的なサービスです。

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの愛車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 

コラム:車買取と下取りの違い

 

車を売却する方法には、大きく分けて車買取と下取りがあります。

 

この両者を同じと考えている方は少なくありませんが、実は車買取と下取りには大きな違いがあり、それぞれにメリットとデメリットもあるので正しく知った上で自分に合った売り方をすることが大切です。

 

まず、下取りは新たに車を購入するお店で、それまで乗っていた車を引き取ってもらうことをいいます。下取り評価額をそのまま新車の購入代金に充てることができるので、手続きが簡単に済み手間もかからない点が最大のメリットです。

 

一方、車買取は新車の購入とは関係なく、中古車だけを直接お店に売却することをいいます。下取りと比較して手続きに手間がかかる部分がありますが、正しく車の価値を評価してもらえるので高値が付きやすいという点がメリットとなっています。

 

金銭的に損になっても良いので、とにかく手間を省きたいという方は下取りが適していますが、買取金額を重視する場合には多少の手間を費やしても車買取を選ぶのがおすすめです。

 

車買取はお店によって査定額が異なるので、相見積もりを取るのに手間がかかるのがデメリットでしたが、
現在ではインターネットで簡単に複数社に一括で査定を依頼することができます。

 

愛車を少しでも高く売りたい方は、車買取に注目してみましょう。

 

 

TOPへ

 

 

疑問Q&A

 

車買い替えは車検前・車検後※どっちが高く売れるの?

 

車検前? 車検後? どっちがいい?

 

車の乗り換えを考えている人は、車検前か車検後のどっちがいいか悩むはずです。

 

車検は定期的にしなければならず。法定費用だけでもかなりの費用がかかります。車によっては、部品交換などをしなければならないこともありますので、整備費用もかなりかかります。

 

ですから、多くの人は車検前に車を売却することを考えるはずです。

 

車の査定で重要なことは、走行距離が少なく、定期的なメンテナンスをしっかりしている、改造などをしていないなどが考慮されます。

 

大手の買取業者の車査定は、プロが点検しますし、メンテナンスや部品交換の必要があれば、自社のメカニックで対応することができます。

 

ですから、高い車検費用を支払って査定を受けても、それほど高値で買取をしてくれるわけではありません。

 

車検を受けていれば、その後の車検までのメンテナンスは基本的に不要ですので、買取価格が少々高くなることもありますが、車検費用を支払ってまで良い状態の車を売却することは考えなくてもよろしいです。

 

少々のキズなどがありましても、補修のためにお金をかける必要もありません。車の査定を受ける時は、ご自身で対応できる最低限の対応にすればよろしいです。ボディの洗浄、室内の清掃をすればそれで十分です。

 

車を買い替える、よくある理由とは?

 

車を買い替える理由として、「購入後の状況の変化」というのがあります。例えば子供が生まれたことにより、2人乗りの車は使えなくなったり、あるいは2ドアの車は非常に不便なため、4ドアもしくはミニバン等に買い替えるケースが多いです。

 

一方、逆に子供が独立したため、逆に4ドアから2ドアに買い替えるというケースもあります。あるいは4人以上乗れる車から2人乗りの車に買い替えるというケースもあります。

 

MT車とAT車の買い替えというのもあります。車好きな人の場合、敢えてMTモデルを選択する場合があるのですが、実際に購入して乗っていた場合、渋滞等で非常に不便に感じた場合、同車種、あるいは別の車種のATモデルに変更したいという方は多いです。

 

販売店(主に中古車店等)の中にはそのような状況を想定し、同価値の場合は無料、もしくは最低限の価格で交換に応じているケースも存在します。購入者にとっては買い替え、もしくはミッションの組み換え等による費用の負担がないため、これは非常に魅力的なサービスだといえるでしょう。

 

また、車庫の大きさに等による買い替えというのもあります。郊外等の広い場所では大きな車であっても余裕で駐車できたものの、都内では駐車スペースが限られるためにコンパクトカーや軽自動車等に買い替えるケースも多くあります。

 

車の一括査定サイト、メリット・デメリットを解説

 

車の一括査定サイトを利用するメリットとして、まず複数の会社に一度に査定を依頼して金額を比較できることが挙げられます。

 

基本的に車の査定を依頼する際には車種や年式、走行距離などのさまざまな情報を事前に業者まで知らせる必要がありますが、
一社ごとにこういった情報を知らせていたらかなりの手間が必要になります。

 

ですが車の一括査定サイトを利用すれば一度情報を記入して送信すれば良いだけなのでかなりお手軽です。

 

一括で依頼さえすれば、後は査定を依頼した業者に実際に見積もり価格を出してもらうだけですし、どこの業者が一番高く買いとってくれるのかということも簡単に比較することができます。

 

デメリットとしては、複数の買取業者から電話がかかってくることが挙げられます。

 

車の一括査定サイトを利用すると情報を送信した途端に電話がかかってくるケースも少なくなく、一つの電話に対応している間にも着信履歴がどんどんと溜まっていくといった困ったケースもあります。

 

中にはしつこい営業電話をかけてくることもあり、思わぬトラブルに発展してしまう可能性も少なくありません。

 

車を高く売却するためには車の一括査定サイトを利用すると便利ですがこういったデメリットもあるため、よく考えてから利用することがおすすめです。

 

 

ローンが残っていても車は売れるの?

 

ローンが残っていても車は売れます。ローンが残っている車を売る方法は大きく分けると2パターンです。

 

まずは車を査定してもらって、いくらで売れるのかを確認しましょう。ローン残高よりも査定額が上回っているなら、売却して手に入ったお金でローンを完済できます。

 

この場合にはなにも問題はありません。売却をするためには所有権が自分にあるということが条件となります。

 

ディーラーローンの場合には所有権がディーラーもしくは販売店に留保されているので、まずは所有権を移さなくてはなりません。所有権を移す手続きについても全て代行してくれる業者もあります。

 

銀行のマイカーローンを利用していた場合には、所有権を移す手続きは必要ありません。

 

車を売却したお金で借金を完済できない場合には、そのままでは債権者が所有権を移すことに同意をしてくれないでしょう。

 

その場合でも、中古車買取り店ならば買取りをしてくれる可能性があります。前のローンについては完済する必要があるので、
足りない分は中古車買取り店が貸してくれます。その借りたお金を分割払いで中古車買取り店に対して返済をしていくという流れになります。

 

全ての手続きを自分でやるとなるとハードルが上がるので、業者に代行してもらうのがよいでしょう。

 

キズや凹み!修理前?修理後?査定に出すならどっち?

車のキズや凹み!修理前?修理後?査定に出すならどっちが良いのでしょうか。

 

車のキズや凹みは外観の印象を大きく損ねるものです。そのため査定に出す場合はやはり大きなマイナスポイントになってしまいます。

 

そのため査定に出す前にキズや凹みを綺麗に修復し、修理後に査定をしてもらったほうが良いのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

 

確かにキズや凹みがある状態とない状態であれば、ない状態のほうが高い査定額が出ることでしょう。

 

しかし、修理代のことも考えなければなりません。仮に修理代に20万円の費用が発生したとします。

 

それに対して査定額は修理前のキズや凹みがある状態に対して10万円程度しかアップしなかったとしたらどうでしょうか。
10万円損をすることになるのです。どのくらいの差額になるかは業者によって異なりますが、
修理後に査定に出した場合の査定額アップ分が修理代にかかった費用を上回ることはまずありません。

 

その理由は買取業者あるいは中古車の販売業者が車のキズを安く修理する工場と提携していたり、自前で修理が可能だったりするからです。

 

はっきり言えることは中古車の買取においては、現状渡しが原則だということです。

 

車の査定!具体的に何をチェックするの?査定箇所

ディーラーや車買取専門店ではユーザーの車両の売却価格を決める際に必ず査定を実施しますが、
この車の査定では具体的にどのような点がチェックされているのでしょうか。

 

車の買取業者は、ユーザーから依頼をうけたらまずは車種やグレード、年式、走行距離などといった基本スペックをチェックします。

 

これは車検証や説明書を見ればわかることであり、これらの情報だけで中古車市場でいくらで取引されているかが判明します。

 

スペックをもとに価格を出して依頼者から同意を得たら、正確な査定価格を出すために店舗か依頼者の自宅で実車査定を行います。

 

実車査定における査定箇所はとても細かく、外装は損傷の有無だけでなくカラーリングもチェックの対象となっており、
内装も汚れや臭いがあるかどうかが細部にわたって調べられます。

 

また、エンジン周りについても、動作音や消耗品の状態、装着中の改造パーツなど多くの査定箇所が存在し、修理歴や付属品の保存状態、車検の残存期間などについても確認が行われます。

 

査定箇所や重視するポイントは店舗ごとに異なっていますが、車両を細かく調べられることについてはどの業者に依頼をしても変わりません。マイナス評価が多くならないように、車は売却を決断するときまで綺麗に使い続けることが重要です。